龍谷大、コロナで困窮の学生に食品を配布!「Peach Aviation」「大阪王将」などの企業も協力

龍谷大、コロナで困窮の学生に食品を配布!「Peach Aviation」「大阪王将」などの企業も協力

新型コロナウイルスの影響で、経済的な困窮に陥っている大学生が多くいます。とりわけ地元を離れ、大学の周辺でひとり住まいをしている学生は、命の根幹である食事に対してまでも大きな不安を抱えています。

そのような学生支援のために、京都市伏見区にある龍谷大学では学生応援の一環として、キャンパスで食品を配布する取り組みを始めました。

5月より同大学の一人暮らしの学生を対象に米や肉、野菜、レトルトカレー、カップ麺など約20種類の食材を手渡しています。

その取り組みに賛同し、食品を提供すると名乗りを上げたのはフードロスに取り組む航空会社Peach Aviation 株式会社やCSR活動に積極的な「大阪王将」を展開するイートアンド株式会社。6月上旬には龍谷大の深草キャンパスにて同社社員と学生がコミュニケーションをとりながら、販売予定であった機内食の冷凍たこ焼き750食や、「羽根つき餃子」など冷凍食品500食を配布しました。

食材配布の取り組みについて企業が参画するのは6月からが初めて。これまでは教職員らが配布していましたが、6月より学生アルバイトの雇用も始め、スチューデントジョブ創出の機会も創出しており、段階的に「緊急食支援」から「自立支援」へと食と雇用の両面で学生を支えています。

現在もアルバイトは本格的に再開していないため、この取り組みを続けてほしいという学生からの要望が多く、8月上旬まで週2回の配布を続ける予定。

龍谷大学は、この食支援方策について「今後も学生の声を聴きながら、更に『総合支援』『地域連携支援』へと充実させていく」とコメントしています。

詳細はこちら>

龍谷大学・学生応援特設サイトSpecial Support Initiative [COVID-19]

https://www.ryukoku.ac.jp/ma556_5en/

ユニラボカテゴリの最新記事