京都橘大学

生涯にわたって活躍できる 人によりそえる看護職を養成|京都橘大学 看護学部

看護系学部には資格取得という共通の目標があるが、カリキュラムは大学ごとに特徴がある。京都橘大学の看護学部はすべての看護職に対応するカリキュラムを持ち、その成果である国家試験合格率はとても高い。卒業後のケアも手厚く、将来を見通した看護職の養成を実践している。そうした京都橘大学・看護学部の具体的な取り組みについて、看護職全体を取り巻く状況とともに看護学部長の河原宣子教授にお伺いした。