【訪問散歩】学校法人茂来学園・大日向小学校に行ってきました!

【訪問散歩】学校法人茂来学園・大日向小学校に行ってきました!

編集部です。今回は長野出張の合間に気になる小学校があったので立ち寄ってきました。長野県佐久インターから車を30分ほど走らせると、辺りは豊かな自然であふれています。

大日向小学校は2019年4月に長野県南佐久郡佐久穂町に開校した私立小学校です。(旧佐久東小学校の跡地を利用)

同校はイエナプランという教育コンセプトを日本で始めて採用した小学校としても知られています。

イエナプラン?となる方もいらっしゃるかもしれませんが、モンテッソーリ教育やシュタイナー教育のような教育手法の1つとお考えください。

大きな特徴としては異年齢が入り混じり対話・遊び・仕事(学習)・催しという4つの基本的な活動が、交互にリズミカルにあらわれるという形で教育活動が行われます。それは社会の縮図ともいえます。

今回は短時間の訪問でしたが施設を見て周り目に付いたのは職員室がとにかく開放的なこと。壁自体がほとんどなく、いつでも生徒が先生のもとに向かうことができる、そんな環境だと感じました。

ほかに個人的に気に入ったのは「大日向食堂」です。

ここでは学校ごはん(=給食)を食べます。学校ごはんはバイキング方式で、自分の食べられる量を選択していきます。食材も地元佐久穂町でとれたものを中心に供され、食育を兼ねています。

日本のこれまでのシステムとは一線を画す大日向小学校、詳細をもっと知りたくなる初訪問でした。

東京での説明会の開催しておりますので関心のある方はぜひお申込みください。(満員が続いております。)

ユニラボカテゴリの最新記事