「英語で理系を学ぶ」「15歳からの全寮制」という新しい教育

「英語で理系を学ぶ」「15歳からの全寮制」という新しい教育

石川県金沢市と白山市にキャンパスがある国際高等専門学校は開校2年目。金沢工業大学の系列校で、中学卒業後に入学して5年間学ぶ理工系の高等教育機関です。特徴は「英語で理系を学ぶ」ことと「1・2年は白山麓で全寮制教育、3年はニュージーランド留学、4・5年は金沢工業大学に隣接したキャンパスで学ぶ」点にあり、「グローバル」+「理工系」の新しい学びを実践していきます。卒業後は金沢工業大学3年次編入が可能なほか、海外を含めた他大学編入の道もあります。当然まだ卒業生は出ていませんが、その人材育成への5年後の進路をふくめた期待値は相当なものです。今までにない最先端教育に興味のある家庭は、この夏金沢への家族旅行を兼ねて学校見学会に行かれてはいかがでしょうか。東京から金沢駅までは北陸新幹線で約2時間半。金沢は首都圏からアクセスがよいだけではなく、金沢駅から半径約2㎞内に有名な観光地が集中しているため初めて訪れるひとにとっても把握しやすい街です。みなさんも茶屋街や兼六園、近江町市場などはご存知でしょうか。そして実際に緑の中にある洗練された白山麓キャンパスに足を伸ばせば、保護者の方々も「ここで学んでみたい」と感じることでしょう。実はこの国際高等専門学校はすでに感度の高い保護者層からひそかな興味を集めています。東京や関西の有名サイエンス教育系私立中学からの受験もちらほら耳にするくらいです。お子さんに最先端の教育環境で学んでもらい親は時折観光を兼ねて様子を見に行く。そんな2拠点ハイブリッド生活も進路選びの選択肢にいかがでしょうか。

ユニラボカテゴリの最新記事