【主な国際・外国語系学部一覧】名称からは分からないグローバル学部  学問分野や授業形態、留学制度―

【主な国際・外国語系学部一覧】名称からは分からないグローバル学部  学問分野や授業形態、留学制度―

名称からは分からないグローバル学部
学問分野や授業形態、留学制度―


名称からは分からないグローバル学部  学問分野や授業形態、留学制度―

受験生の注目度が高いグローバル系学部は、グローバル社会のどの局面を切り取るかで、人文系や社会科学系、学際系など学部の性格が変わる。ベースとなる語学力も求められるレベルは大学によって異なる。ひとことでグローバル系学部と言っても、その内容は大学によって違うので、志望校選びは慎重にしたい。


グローバル系の看板学部を持つ難関大の学長は「これからの時代、グローバル化は自分には関係ないと言い切れる人はいないでしょう。日本で暮らしていても、グローバル化の波は向こうからやってくるのです」と話す。これからの時代を生きる生徒にとって、グローバル社会で生きることが当たり前になる中、当然、グローバル系学部の注目が高まっている。

過去にも国際系学部の人気が高まる時期があったが、当時は国際経済なら社会科学系、国際文化なら人文系と、それぞれの系統の一分野と見られていた。一方、現在は留学の必須化や英語による授業など、グローバル社会での活躍を前提とした学部が中心となっている。これらの学部の特徴は、ボーダレス化する社会で活躍するために、高い語学力の獲得と異文化理解を深めることによるコミュニケーション能力と専門性の獲得を目指すこと。

多様なグローバル系は学部内容の十分な精査を

人気が高いグローバル系学部だが、この系統から生徒に適した学部を選ぶのは意外に難しい。専門分野が多岐にわたっており、学部名だけでは教学内容が判断しにくいケースが多いからだ。そこで、18ページの「主な国際・外国語系学部」では、「人文系」「人文・社会科学系」「学際系」に分類して、それぞれの系統の主な学部を掲載した。「人文系」は、国立大では東京外国語大や大阪大。私立大では、獨協大や上智大、拓殖大、神奈川大、岐阜聖徳学園大、名古屋外国語大、京都外国語大、熊本学園大など、外国語系が中心となっている。語学力を全面に打ち出してグローバル人材の養成を打ち出す、教学内容が比較的わかりやすい系統だ。「人文・社会科学系」を見ると、国公立大では、筑波大の社会・国際、宇都宮大・国際、東京外国語大・国際社会、新潟県立大・国際地域など。私立大の東日本の大学を見ると、青山学院大の国際政治経済と地球社会共生、学習院大・国際社会科、上智大の総合グローバルと国際教養、昭和女子大のグローバルビジネスなど。西日本では、愛知大の現代中国と国際コミュニケーション、南山大・国際教養、京都橘大・国際英語、立命館大・国際関係、龍谷大・国際、追手門学院大・国際教養、近畿大・国際、立命館アジア太平洋大のアジア太平洋と国際経営などがある。

この系統で来春新設される学部には、東京外国語大・国際日本や中央大・国際経営、立命館大・グローバル教養などがある。中央大は国際的な視野を持ち、言語のハンデのない、グローバルレベルの活躍できる人材を養成。立命館大は、学部生全員が立命館大とオーストラリア国立大の両方の学位取得を目指す。2大学の学位を全学部生が取得するのは、日本で初めての試みだ。「学際系」は、カバーする分野が広く、文系と理系はもちろん、大学によっては芸術系までフォローする学部もある。この系統の草分け的な存在は国際基督教大。単科大学ながら、学部の中には30を超えるメジャー(専修分野)があり、関心がある分野を見極めた上、3年次になる前の段階でメジャーを選択する。その際、一つのメジャーを選択するほか、二つのメジャーを同じ比率で履修するダブルメジャーと比率を変えて履修するメジャー、マイナーの3種類の選択方法がある。50以上の国と地域からの留学生がいるグローバルな大学だ。この系統の私立大には、早稲田大・国際教養や来春新設される中央大・国際情報などがある。国立大の学部も見ておこう。九州大・共創は、文理の枠を超え、共に構想して新たなものを創造することから名付けられた学部。神戸大・国際人間科は、グローバル社会で起こりうる、災害や民族対立、経済格差などの課題を解決できる人材を養成する。千葉大には、文理融合型で留学を重視する国際教養がある。

主な国際・外国語系学部
主な国際・外国語系学部

オールイングリッシュについていけるのか見極めが重要

オールイングリッシュで授業を行う主な国際・外国語系学部
オールイングリッシュで授業を行う主な国際・外国語系学部

グローバル系学部を志望する上で、次に押さえておくべきなのは、英語による授業の比率。右表の「オールイングリッシュで授業を行う主な国際・外国語系」を見てほしい。日本人学生が中心の学部でオールイングリッシュの授業を展開する大学には、国際教養大や上智大・国際教養、法政大・グローバル教養、早稲田大・国際教養、立命館大のグローバル教養や国際関係のグローバルスタディーズ専攻などがある。その他、語学のみ英語で行う名城大・外国語や、低学年時に英語力を育成した上で、専門科目を英語で行う愛知淑徳大・グローバル・コミュニケーションのようなケースもある。

2021年の1月から実施される大学入学共通テストで、英語4技能をみる民間の英語検定試験が導入されることもあり、英語検定試験を受験する高校生が増えている。それでも、入学直後から大学の全授業をオールイングリッシュで行うのは、語学力が突出している生徒でないと厳しい。オールイングリッシュの授業頻度と語学力向上プログラムのバランスを見ながら、授業についていけるのか判断した上で志望校を選択したい。

グローバル

期間、内容、奨学金制度など、留学制度も千差万別

留学が必須となっている主な国際・外国語系学部
留学が必須となっている主な国際・外国語系学部

グローバル社会で活躍することを前提としたグローバル系学部は、語学力と共に多様な価値観を理解するための海外留学が大きなウエートを占める。しかし、留学の時期や期間など、各大学によって異なる。左表の「留学が必須となっている主な国際・外国語系学部」の留学期間を見ると、国際教養大や創価大・国際教養、早稲田大・国際教養、京都橘大・国際英語、同志社大・グローバル・コミュニケーション、関西大・外国語、近畿大・国際など、1年間が多くを占める。これらの大学の中で留学時期に特徴があるのは近畿大。一般的な大学では、語学力や一般教養を修得した後、2年次以降に留学をする大学が多いが、同大は1年次後期から留学に送り出す。2年次前期までの1年間をかけて語学や、コミュニケーション、文化について学び、国際的なビジネス社会で通用する人材育成を行う。帰国後は語学力をさらに高めると同時に、専門教育に移行する。留学期間以外にも、語学留学なのか深く専門分野を学ぶのか。また、高額な留学費用に対する奨学金支給対象者の人数や支給額など、大学によって留学制度は千差万別だ。

ちなみに、留学で気になるのは留年だが、多くの大学は単位の読み替えにより4年間で卒業できる。大学によっては、協定校との単位互換で、2大学分の学位を得られるケースもある。さらに、就活も気になるところ。3年次に1年間留学すると、3年次の3月にスタートし4年次の6月に選考開始という就活スケジュールに乗り遅れる危険性がある。しかし、留学経験者を対象に7月に選考を行う大手企業は数多くあるので、留学がデメリットになることはない。むしろ、企業は留学経験者を求めているほどだ。

日本語禁止の学内留学スペースでコミュニケーション力を磨く

主な学内留学施設
主な学内留学施設

授業や留学以外に、グローバル人材を養成するための環境整備に力を入れている大学にも注目したい。そうした大学をまとめたのが左表の「主な学内留学施設」。大半の施設が日本語禁止で、外国人留学生やネイティブ教員と一緒に語学やコミュニケーション能力を養う。東洋大のECZも英語が公用語で日本語は禁止。読書や昼食、テレビ・DVD鑑賞などを留学生とともに楽しむことができる。様々なイベントの他に、毎日決まった時間に交換留学生が英会話スタッフとして常駐しているので、英会話力に磨きをかけられる。

学内留学施設は、全ての学生が異文化コミュニケーション能力を鍛えられる学内留学の場であり、オールイングリッシュの授業についていけるよう、学生を個別にフォローするスペースとして活用する大学もある。こうした施設は、秋田大や千葉大、法政大、明治大、立命館大、龍谷大、立命館アジア太平洋大などでも用意している。

留学生と一緒に寮生活をすることで、多様な文化背景の人とのコミュニケーション能力を身につける大学も増えてきた。国際教養大は1年次に日本人学生全員が留学生と寮生活を行う。早稲田大は900人規模の日本人学生と留学生が生活する国際寮を持つ。国際基督教大や立命館アジア太平洋大は、キャンパス内の寮で留学生と日本人学生が生活する。

グローバル人材の養成が待ったなしと言われる中、多くの大学が環境整備を進めている。グローバル化の文脈の中で生徒が学びたい学問分野が決まったら、授業形態や留学制度など、グローバルに活躍できる人材に育つための、環境にも注意しなが志望校を選択したい。

大学関連記事情報

多文化共生の視点をもった「グローバル市民」を育てる 先進のコースを展開

留学とは語学修得よりグローバル人材になるためのもの|亜細亜大学

特集カテゴリの最新記事