経済学部は就職に強い!―ノースアジア大学

経済学部は就職に強い!―ノースアジア大学

大学通信では毎年夏季に就職調査を実施している。その中で2019年7月期の実就職ランキングにおいて学部系統別ランキング「商・経営・経済学部」で全国1位に輝いたのがノースアジア大学だ。

今回は教員の方の司会の下、経済学部の在学生に「なぜノースアジア大学を選んだのか」から「学生生活で役立った学び」まで語っていただきました。

石川学部長 お二人が本学経済学部へ進学した理由を教えてください。

髙橋さん 私は将来、就職したときに様々な場面で経済学は役立つ知識であると考え、この大学へ進学しました。

石川学部長 経済学というのは、環境学・心理学・国際学・情報学などを包含する総合科学です。

安保さん 私は大学でも硬式野球部に入部し、部活動を続けたいと思っていました。大学で経済学を学べば将来の選択肢や視野が広がると考え、入学を決めました。

石川学部長 なるほど。経済学部にはスポーツ経営コースが設置されているし、教職課程も履修できるので、将来を考えて入学する学生は多いですね。
本学経済学部には環境学・農学・食糧学・人間関係学・心理学・情報学など多くの分野において、素晴らしい先生方がいらっしゃいます。先生方への印象はいかがですか。

髙橋さん  すごく先生との距離が近くて研究室にも行きやすく、学生生活全般やプライベートについてもアドバイスをいただいています。

石川学部長 大学での勉強において、学生と先生との距離が近いということは重要です。本学では1年生から自分の学びたい分野の先生を選ぶことができます。お二人はどのようなことに力を入れて学生生活を送っていますか。

髙橋さん  私はゼミナール研究発表です。先生にたくさん相談したり、仲間と協力しながら研究したことは、とても良い経験になりました。

安保さん 私は勉強と部活動との両立です。そのための環境が整っていますし、自分の能力を引き出すためにはどうしたら良いか、先生に相談するうちに、自分自身の考え方も変わってきました。

石川学部長 本学では学力はもちろん、思考力・人間力の育成を重要視しています。その意味でもゼミナールや部活動は両方の能力が向上する場所でもありますね。

安保さん メンタル面が鍛えられましたし、ノースアジア大学硬式野球部は県外から入部する学生も多いので、彼らと交流することがとても良い刺激となっています。

石川学部長 なるほど。安保くんはスポーツ、髙橋さんは研究活動を頑張ってきたということですね。
本学経済学部の教育は、全国に数百校ある大学のうち、実就職率5年連続全国第1位という記録に結びついています。
特に公務員採用試験合格者は5年前の2倍に増えています。経済学部は就職学部とも言えますし、先生方も学生全員が内定を得るまで全力を尽くしています。

2020年実就職率ランキング 卒業生100人以上1000人未満の部
ベスト20位まで

全国537大学の2019年3月卒業生のデータをもとに学部系統別の実就職率をランキングした。
集計上回答の締め切りは2019年7月17日までの回答で締め切っている。東京大など集計に時間のかかる一部の大学は掲載していない。
実就職率は就職者数÷【卒業(修了)者数-大学院進学者数】×100で算出。
小数点第2位を四捨五入。同率で順位が異なるのは小数点第2位以下の差による。
文部科学省では就職率を就職「希望」者に占める就職者の割合で算出することを推奨するため大学通信と各大学の公表値が異なる場合がある。

大学のことカテゴリの最新記事