One life, Many answers
進化するサツガクー札幌学院大学

One life, Many answers<br>進化するサツガクー札幌学院大学

札幌学院大学は「学の自由」「独創的研鑽」「個性の尊重」を建学の精神として1946年に開校し、4学部7学科を擁する文系総合大学へと発展。2021年には、江別キャンパスに次ぐ新札幌キャンパスの開設や新学部設立といった節目の年となり、創立時の理念を現代版にアレンジするリブランディングが行われた。北海道内では「サツガク」の愛称で親しまれている札幌学院大学の進化について、河西邦人学長にお話をうかがった。

構成 東久世克樹(大学通信)

社会と連携しながら学びを深める新キャンパス

河西邦人学長
青山学院大学大学院経営学研究科博士後期課程単位取得満期退学。外資系金融機関のアナリストを経て、1997年に札幌学院大学商学部講師に着任。同教授、大学院研究科長などを務めた後、2019年より学長。

―リブランディングの内容をお聞かせください。

本学におけるリブランディングでは、従来から本学の強みだと自負してきた教育プログラムや考え方などについて、継続させるのか、あるいは時代に合わせた新たな取り組みへと改革するのかといった見直しを行いました。こうして生まれたのが、本学をひと言で表現する「One life, Many answers」というタグライン。言わば本学のキャッチコピーです。「人生は一度きりだが多くの可能性があり、答えは一つではなく無数にあるため、挑戦を繰り返して答えを見つけよう」というメッセージであり、学生をサポートしようとする教職員全員の思い、そして、“面倒見の良い大学”の姿を現代的に表現したものといえます。

また、2021年には新札幌キャンパスを新設しました。既存の経済学部と経営学部を統合した「経済経営学部」を開設したほか、2022年4月には新たに心理学部と大学院臨床心理学研究科、心理臨床センターも新キャンパスに移転しました。心理臨床センターには、臨床心理師と公認心理師の両方の資格を持つ教員が在籍しており、学生にとっての充実した学習環境となっています。

新キャンパスのコンセプトは「多様なこと・ひと・もの(Diversity)」との「協働(Collaboration)」です。利便性が良い立地を活かし、行政機関や企業、市民団体などとの協働・共生も重視しています。公開講座や市民向け教育事業にも取り組むことで、学生が多様な交流をとおして刺激を得ることも期待しています。例えば、心理学部は地域社会における福祉の向上に寄与することを目的としており、医療機関や福祉施設などと連携しながら、市民への多様な心理支援を実践していく考えです。

―新たな取り組みの具体例はありますか。

2022年2月には「学生ビジネスプランコンテスト」を開催しました。本学と本学の連携校から11チームが出場し、社会や地域における課題解決策や、新たなビジネスモデルのアイデアなどが発表されました。地域ボランティアをマッチングアプリを活用して事業化するプランを提案し、優秀賞を獲得した学生は、無償のボランティア活動をビジネスにつなげる仕組みの構想に苦労したといいますが、「継続的な事業運営に必要な仕組みを今後も検討していきたい」と意欲を見せています。また、同じく優秀賞を獲得した学生は、「今回プランニングした内容を足がかりにして、将来的には新札幌の多様な施設、飲食店などと連携した電子マネー型の『地域通貨』の導入可能性を探っていきたい」と語ってくれました。

いずれも新キャンパスのコンセプトである「多様なこと・ひと・もの(Diversity)」の関わりを具現化させる提案内容であり、「地域貢献」の意識が学生に根づきつつある実感があります。

経済、文化、政治など多角的に地域を捉える目を養う

―これまでにも地域連携活動の実績はあると思います。

例えば、本学の学生が石狩地域の振興に向けて取材とコンテンツ作成に挑戦し、石狩振興局のホームページに掲載された例があります。地域情報の発信と地域活性化のつながりを実感できる取り組みとなりました。2022年度は、再び石狩振興局と連携し、サイクリングマップの作成などに挑みます。「自転車による街づくり」という大きなテーマのもと、いわゆるシェアリングエコノミーの一形態である自転車シェアリングや、自転車を使ったマイクロツーリズムの考え方、さらには他の地方自治体での自転車振興策の実例にも触れながら、まずは現地での情報収集に取りかかります。

また、経営学科のゼミでは、新さっぽろ副都心商店会と連携した販促キャンペーンの企画・運営や、高齢化が進む札幌市厚別区の団地を一人暮らしの学生向け住居として活用してもらう取り組みなどを進めてきました。地域と一体化し、地域住民と交流しながら地域貢献の本質を学ぶことができています。

地域連携では、経済の活性化や文化振興、さらには政治的な側面など多様な切り口がありますが、共通しているのは幅広い視点で地域の価値を把握した上でその地域に貢献しようという意識。これが学生に定着しつつあるのです。

―河西学長の「地域貢献」に懸ける思いもお聞かせください。

私自身、その名も「地域貢献」という科目を担当しており、地域貢献活動をとおして課題解決能力を育むことに主眼を置いています。そのためには起業家精神を育み、データ分析に基づく判断力、意思決定力を高めることも重視しており、PBL型の教育を推進しています。

重視しているのは、プロジェクトマネジメントの理論など、大学で学んだ知識を実社会のビジネスシーンでも使いこなせる能力を身につけること。注目しているのは、「エビデンス・ベースド・ポリシー・メイキング」の略である「EBPM」の教育です。エビデンスに基づく意思決定では、データサイエンスの手法を用いるため、新たなカリキュラムづくりも進めています。

国内で4校しかないフェアトレード大学認定校

―近年の入試状況や就職状況を教えてください。

2022年度入試で特徴的だったのは、江別キャンパスにある法学部の人気です。コロナ禍で経済活動が停滞する中、“安定”のイメージの強い公務員を志望する受験生の増加を肌で感じています。その点、本学は警察官をはじめとする公務員採用者数が、北海道内の大学で上位の常連校ですので、今後にもご期待いただきたいですね。

また、本学は2019年に、日本で2番目のフェアトレード大学として認定されました。現在、日本国内で認定されているのは本学を含め4大学のみ。本学で2018年に発足した「フェアトレードサークル」は、フェアトレードタウンである札幌市とともにイベントを行ったほか、国際フェアトレード認証スイーツ「さっぽろゆめ結晶」の開発・販売に挑戦するなど、「エシカルな消費行動の輪を広げたい」という学生が中心となって思いを行動に移してきました。

そこで受験生のみなさんにも、何か「熱中できること」を見つけてくれることを期待しています。それは学問に限らず、趣味でも構いません。熱中する気持ちは、いつか学ぶ意欲へとつながっていくもの。好きなことに熱中できること自体が、学びの芽となるのです。

ユニヴプレスMAGカテゴリの最新記事