【女子大就職率ランキングあり】女子大伝統校に注目!!

【女子大就職率ランキングあり】女子大伝統校に注目!!

総合大学志向の高まりを背景に、女子大の入試のハードルは相対的に下がっている。その一方で、伝統的な教育力の高さは変わらず、就職状況も好調だ。このことを、大学通信が保有する入試データと就職データの両面から分析してみよう。

入試のハードルは下がっても高い教育力・就職力は健在

女子受験生の4年制大学をめざす傾向は高まる一方だ。文部科学省が公表した学校基本調査によると、2018年度の大学学部の女子学生数は117万2170人で、前年を1万6000人以上も上回った。全学生に占める占有率は45.1%だ。人数と占有率ともに、昨年に引き続き過去最高値を更新している。

こうした女子の4年制大学志向の高まりを受け、総合大学における女子の占有率が高まっている。一般入試の志願者に対する女子の占有率を1998年と2018年で比較してみよう。

早稲田大が25%→35%、慶應義塾大が24%→29%、上智大が35%→46%、明治大が23%→34%などとなっている。ここ20年で総合大学志願者における女子の占有率が大幅に上がっていることがわかる。

方、同時期の女子大の入試状況に注目すると、総合大学のような女子受験生の伸びは感じられない。一般入試において実質倍率(受験者数÷合格者数)が上がっている大学は多くないのだ。実質倍率はほぼ横ばいで、大半が1~2倍台。中には大幅に実質倍率が下がっている女子大もある。

入試のハードルは下がったが就職状況は好調

女子受験生の目は総合大学に向いているが、そんな時代だからこそ、あえて女子大に注目したい。入試のハードルが下がっても、就職状況は依然として好調だからだ。

大学通信が全国の大学を対象に行っている就職状況調査の18年卒版によると、大学全体の平均実就職率*が88.4%なのに対し、女子大の平均実就職率は91.0%と3ポイント近く上回っているのだ。このように女子大の平均実就職率が大学全体の実就職率を上回るのは、毎年の傾向だ。

女子大の就職力について、左ページの「有名企業400社実就職率ランキング(女子大)」から検証してみよう。このランキングの特徴は、その大半が伝統校であること。1位の聖心女子大から学習院女子大、東京女子大、日本女子大、フェリス女学院大、津田塾大、白百合女子大までが20%以上と、高い数値になっている。

女子大伝統校の就職力の高さの秘密は、大きく分けて2つ。1つ目は、教育力の高さだ。例えば、現代ではグローバル人材が強く求められているが、御三家と呼ばれる津田塾大、東京女子大、日本女子大の三女子大は、広い視野と行動力、リーダーシップといった「グローバルな知性」とも呼べる資質を育む教育を、一世紀に渡り実施してきた。

他の女子大も、各々のビジョンに基づき、面倒見の良さを強みに高い教育力を発揮している。さらに近年では、志願者の減少に対する危機感からキャリア教育に力を入れている女子大が増えてきている。

2つ目は、昔から有名企業への就職に強く、中堅社員にOGが数多くいること。法政大や明治大などに女子が増えたのは最近のことなので、女子大ほど中堅社員のボリュームは厚くない。後輩に対する卒業生の面倒見の良さが、高い就職状況につながっている。

さらに、企業の人事採用担当者は失敗をしたくないので、実績のある大学の学生を選ぶという事情もある。こうした傾向は大企業になるほど強くなるので、採用実績が多くかつ優秀な学生を輩出する女子大の伝統校が優位になるのだ。

有名企業に総合職として多数就職する女子大も

男性社員と対等に働くことが求められる総合職に就く学生が多く、内定先への満足度が高いことも女子大伝統校の特徴だ。津田塾大では、卒業生の7割が総合職に、2割が専門職に就くという傾向が男女雇用機会均等法の施行以来続いているという。

東京女子大では、年間150日以上にわたる正課外のキャリア構築プログラムなどが功を奏し、進路報告の際のアンケート調査では、例年90%程度の学生が内定先に満足したと回答している。

日本女子大は私立の女子大で国内唯一の理学部に象徴されるように、教養と深い専門性を併せて身につけさせる教育で、幅広い分野に卒業生を送り出している。就職の数と質を両立させているのは、京都女子大や同志社女子大、神戸女学院大といった関西の伝統校も同様だ。

女子大は比較的規模が小さな大学が多く、学生や学部の多様性の面では総合大学に見劣りする。しかし、教育力の高さに加えて、面倒見の良さや濃密な人間関係など規模の小ささを生かした強みがあり、就職力の高さに結実している。入試のハードルは低いのに、就職状況は好調で、〝お買い得〟ともいえる女子大に注目してみてほしい。

*実就職率=就職者数÷(卒業者数−大学院進学者数)×100で算出。

 

有名企業400社実就職率ランキング(女子大)
有名企業400社実就職率ランキング(女子大)

表の見方
◆表は各大学発表による2018年の就職状況。
◆400社実就職率(%)は、400社就職者数÷〔卒業(修了)者数-大学院進学者数〕×100で算出。
同率で順位が異なるのは、小数点2桁以下の差による。
◆設置の※印は国立、◎印は私立、無印は公立。
*印はデータに大学院修了者を含んでいることを表す。一部の学部・研究科を含まない大学がある。
◆有名企業400社とは、日経平均株価指数の採用銘柄に加え、会社規模や知名度、大学生の人気企業ランキングなどを参考に選定した。

特集カテゴリの最新記事