国際基督教大学

「リベラルアーツ教育の先駆者」に訊く、グローバル時代における教育の使命|国際基督教大学

本誌でも毎年取り上げるリベラルアーツ教育。取り入れる大学が年々増えつつあるのは、グローバル化が進む現代社会において多くの分野で統合的な「知」が必要とされているからにほかならない。日本におけるリベラルアーツ教育の先駆的存在である国際基督教大学(ICU)・教養学部長毛利勝彦先生に、リベラルアーツの歩みと今後めざすべき高等教育の方向性についてお話をうかがいました。

  • 2017.11.01

【国際基督教大学に聞く!】そもそも「リベラルアーツ」とは何なのか

リベラルアーツに対する誤解も多く、代表的なのは“深い専門性が身につかないのでは” というもの。そこで、日本初のリベラルアーツ・カレッジとして教育・研究を実践してきた国際基督教大学(ICU)のアドミッションズ・センター長、森島泰則教授に、歴史を紐解きながら、現在そして将来の日本にとって不可欠なリベラルアーツについてお話をうかがった。