中高

1/2ページ
  • 2018.02.15

いい学校って何だろう?~海城中学高等学校 編~

海城中学高等学校を取材した。創立126年の男子伝統校であり、最難関国立大学合格実績では毎年トップクラスに君臨している。名門校である海城中高で25年前に始まった教育改革はなぜ実行することが可能だったのか。校長特別補佐・教育推進研究センター長・入試広報室長の中田大成教諭と学習指導部長・数学科の森昭大教諭にその裏側を忌憚なく聞かせて頂いた。

  • 2018.02.09

【連載】いい学校ってなんだろう?~女子聖学院中学校・高等学校編~

女子聖学院中学校・高等学校は創立112年の伝統校だ。今年東大合格者を輩出し、難関私立大学の合格実績も着実に伸ばしている。さらに国語教育では、時代を先取りした取り組みを20年以上にわたり実施している。今回はその実態を探るべく、教頭・進路指導部長の塚原隆行教諭、国語科の筑田周一教諭、入試広報室長の佐々木恵教諭に話を聞いた。

  • 2017.11.02

【本郷中高】独自の検定試験の取り組みで一人ひとりの意欲を引き出し、自ら学ぶ生徒を育てる

東京・巣鴨にある本郷中高は、創立95年目を迎えた男子校だ 。「文武両道」「自学自習」「生活習慣の確立」を教育の柱に 、これまで有為な人材を数多く送り出してきた 。近年は 、大学進学実績が飛躍的に伸びる一方で、部活動など 、課外活動でも目覚ましい活躍を見せている。本郷の教育の特色について、進路指導部長の山梨英克教諭に話を聞いた。

  • 2017.11.01

【連載】いい学校ってなんだろう〜二松學舎大学附属柏中学高等学校編

二松學舎大学附属柏中学校・高等学校は 2012年に中学校を開校し、1期生が今年卒業した。大学合格実績は東大2名(文I・理 I )現役合格をはじめ、他の国公立大学にも複数合格。難関15私大合計が10年前に比べ5名→72名(大学通信調べ)と躍進している。早くも中学1期生から成果 を出すことのできた理由について 、進路部長の青木英明教諭、1期生の中学学年主任だった森寿直教諭、1期生の高校担任だった加古幹夫教諭に話を伺った。

  • 2017.01.30

【聖学院中学校×多摩美術大学】今、注目を集める 「思考力」について考える。

知識基盤社会の時代と言われる21世紀。文部科学省が推進する「高大接続システム改革」では、グローバル化・多極化が加速する変化の激しい社会の中で、多様な人々と協働し、新たな価値を創造する資質や能力の育成が […]

  • 2017.01.27

【本郷中学・高等学校】早慶合格者伸び率ナンバーワン。男子伝統校の教育方針とは。

1922年の創立以来、有為な人材を数多く輩出してきた本郷中高。ここ10年で、大学進学実績が飛躍的に伸びているという。また、運動部や文化部など、課外活動も活発に行われている。 その教育方針や伸び続ける進学実績、今後のビジョンについて、佐久間昭浩校長と、広報を担当する野村竜太教諭に話を聞いた。