専門家に聞いた!理学療法士ってどんな仕事?

専門家に聞いた!理学療法士ってどんな仕事?

やりがいがあり、景気に左右されず、全国どこででも必要とされる…
医療職は仕事として様々な魅力があり、人気の職種です。医療系資格の取得をめざして大学選びをしている受験生も多くいることでしょう。医療職には医師、看護師、薬剤師など様々なものがあります。高校生にとってはあまり身近でないものも数多くあるので、しっかりと研究して進路決定に活かしてほしいです。
今回、ユニヴプレス編集部では、数多くある医療職の中から【理学療法士】をピックアップ。「理学療法士ってどんな仕事?」「どうすればなれるの?」といった疑問について、理学療法士で、豊橋創造大学保健医療学部助教の野嶋治先生に聞いてきました。


理学療法士ってどんな仕事?

―― 医療の仕事には本当に色々なものがありますね。今回は理学療法士について紹介していただきたいのですが、どんな仕事なのでしょうか?

野嶋先生 理学療法士とは、作業療法士、言語聴覚士と並ぶリハビリテーションの専門家です。立ったり、座ったり、歩いたりといった、今まで当たり前にできていたことが、病気や障害によってできなくなってしまうことがありますよね。医師の指導の下で、そのような病気や障害を治療した上で、元の生活レベルに戻したり、患者さんがスポーツ競技者であればより高い競技レベルに引き上げたりするような、リハビリテーションのお手伝いをするのが我々理学療法士の仕事です。

―― リハビリテーションの専門家には、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士と3つの資格があるんですね。それぞれ、どのような違いがありますか?

野嶋先生 特に理学療法士と作業療法士は名前も仕事内容も似ているところもがあるため、その質問はよく聞かれます。大雑把に言うと、「歩く」「立ち上がる」といった大きな動きの回復をサポートするのが理学療法士。対して作業療法士は、「お箸を使ってご飯を食べる」といった日常生活のより細かい動きを訓練したり、精神疾患のある方に対して「心と体のサポート」をしたりします。とはいえ、それぞれ知識の幅が重なっている部分が多く、実際の医療の現場では厳密に区切られているわけはありません。理学療法士が作業療法士的な仕事を行うこともあります。

―― 理学療法士と作業療法士は、知識、仕事内容ともに共通する部分が多いということですね。言語聴覚士はどうでしょうか?

野嶋先生 言語聴覚士は少し違っていて、「しゃべる」「聞く」「食べる」「飲む」といった、言葉や聞こえ、食べる機能の障害ついての治療と回復を手伝う仕事です。ただ、制度的には「言語聴覚士しかできないこと」「理学療法士しかできないこと」というものはなく、それぞれがリハビリテーションの専門知識を持っている中で、得意分野が異なっているというイメージですね。

スポーツ領域での理学療法士の活躍は

―― 高校生にとってはリハビリテーションというと、まずスポーツでのケガなどに関わることをイメージすることが多いと思います。スポーツに関わる仕事をしたいと考え理学療法士をめざす高校生も多そうですが、スポーツ領域での理学療法士の仕事について教えてください。

野嶋先生 スポーツ領域における理学療法士というと、スポーツトレーナーのようなイメージを持つかもしれません。スポーツチームに帯同し、試合中ケガをした選手のところに駆けつけて迅速に処置してというものですね。あれは厳密には理学療法士の仕事ではないんです。理学療法士の仕事はあくまでも医師の指導の下で行われますので、医療機関に勤めた上で、入院した選手のリハビリテーションをしたり、怪我の再発を防ぎ、パフォーマンスを向上させるような動き方の指導をしたりすることなどが、スポーツ領域との主な関わり方になります。

―― なるほど、医師の指導が前提になるので、医療機関が主な仕事場になるわけですね。

野嶋先生 私自身も、以前は整形外科のクリニックで勤務していました。小学生や中学生がクラブ活動で怪我をしたということでたくさん来院してきましたので、そのリハビリテーションのお手伝いという形でスポーツに関わってきました。それ以外では、地域貢献活動として近所の学校で怪我の予防教室などを開いている方もいますね。理学療法士の資格をもちながらスポーツトレーナーとして活躍している方も少数ながらいます。

―― 理学療法士の仕事内容がだんだん分かってきました。理学療法士はどんな人が向いていると思いますか?

野嶋先生 リハビリテーションとは、1人の患者さんに対して医師、看護師、栄養士などいろいろな人が関わり、協力しあいます。また、理学療法士は患者さんと1対1で真摯に向き合う仕事です。そういう意味で、コミュニケーション能力はとても大切ですね。
高校生ですと、「コミュニケーション能力」というと、友達が多くて、誰とでも分け隔てなく話しができることをイメージするかもしれません。それも大切なのかもしれませんが、理学療法士として必要なコミュニケーションは、相手の思っていることを理解しようとすることと、自分の伝えたいことをしっかりと相手に伝えられることです。入学試験で面接などをしていると、高校生の思うコミュニケーションと仕事で必要なコミュニケーションの間に少しギャップができているのかな、と思うことがあります。

医療機器を実演する野嶋先生。足の瞬発力・持久力を計測することで患者の回復具合を知るのだとか。

理学療法士養成校は4年制と3年制。その違いは?

―― どんな仕事でもコミュニケーション能力が求められる時代ですが、理学療法士は特にそうなのかもしれませんね。理学療法士になるためにはどうすれば良いのですか?

野嶋先生 国家試験の受験資格を得るために、まずは養成校で学ぶ必要があります。養成校には本校のような4年制大学のほかに、3年制の短大や、4年制・3年制の専門学校などがあります。養成校を卒業し、国家試験に合格すれば理学療法士を名乗ることができます。

―― 4年制と3年制はどちらがおすすめですか。違いを教えてください。

野嶋先生 理学療法士になるために必要な勉強量は、実は4年制も3年制も変わりません。取得できる資格は同じですし、収入も勤務先によりますがさほど差がない場合が多いです。ですので、3年制であれば1年早く卒業し就職できることが最大のメリットですね。
ただ、私は4年制大学の出身なので、こちらをおすすめしたいです。4年制のメリットは、同じ量の勉強に1年間多く時間をかけられるので、余裕を持って色々な経験ができること。アルバイトをしたり、交友関係を広げたり、あるいは社会学や政治学といった一般教養科目を勉強したり。私自身大学での4年間はとても楽しかったですし、引っ込み思案な高校生だった私が、先ほど話した理学療法士として必要なコミュニケーション能力を身につける期間にもなったと思います。色々な人と話す職業ですから、4年間をかけて遊びも含めて色々なことをしておくことが後々生きてくると思います。
また、同じ4年制でも専門学校は教育機関ですが、大学は教育研究機関ですよね。大学院へ行き研究の道へ進むなど、選択肢が広がることが4年制大学のメリットの1つです。

―― 3年制は1年早く卒業できるという分かりやすいメリットがありますが、4年制ならではのメリットがたくさんあるということで、受験生は短絡的に考えず、それぞれの学校をよく調べ、自分にあった進路を選んでほしいですね。理学療法士を養成する4年制大学は全国にたくさんありますが、その中でも豊橋創造大学ならではの特徴があれば教えてください。

野嶋先生 まず、東三河地域(豊橋市を中心とした愛知県東部地域)の養成校は本校が唯一です。地域内のほとんどの医療機関に卒業生がいると言えるほどの密なネットワークが大きな強みです。地元での実習や就職について、選択には困らないと思います。また、本校の保健医療学部理学療法学科はスポーツ理学療法、基礎研究、地域リハビリテーションを3つの柱としています。これらの分野に関しては機材や設備、地域との連携など、必要なものは全て揃っているので、興味のある学生にとってはとても学び甲斐のある大学だと思います。

「ちょうどいい街」 豊橋で資格取得を

―― 地域密着型大学としての強みが生かされているわけですね。大学の所在する愛知県豊橋市はどんな街ですか?

野嶋先生 私は豊橋出身ではないのですが、学生のときに豊橋に来てもう十何年過ごしています。こういう言い方が適切かは分かりませんが、豊橋は「ちょうどいい街」です(笑)
名古屋のような便利さはないですが、雑多な感じがなく、でも生活するのに必要なものは十分揃っている。家賃も安いですし、車で通学することもできます。初めて1人暮らしする学生でも安心できる街だと思います。
どこで資格をとっても一緒で、全国どこででも仕事ができるのが理学療法士です。ならば、学生にとって過ごしやすい、「ちょうどいい街」豊橋で資格をとるのも良いのではないのでしょうか。東三河地域内で就職するなら絶対に強いですし、他に行きたいところがあればそちらで就職することも可能です。

―― それは資格職の大きな魅力の1つですね。最後に、理学療法士をめざす受験生へメッセージをいただけますか。

野嶋先生 理学療法士の知識が不足していたら、不利益を被るのは患者さんです。仕事のプレッシャーは確かに大きいのですが、その分、上手くいくことがあれば患者さんから直接感謝の言葉をいただくことができます。そういう意味で、理学療法士はとてもやり甲斐のある仕事です。「明日仕事行きたくないな」と思うこと、誰にでもあると思うんですが、私にはあまりありません。毎日楽しく仕事をさせていただいています。

―― ありがとうございました。

「豊橋ってちょうどいい街ですよね」と楽しそうに話す野嶋先生

「理学療法士のなり方」などもっと詳しく知りたい方はこちらの記事もご覧ください!
「理学療法士」に興味のあるあなたへ

〒440-8511 愛知県豊橋市牛川町松下20-1
お問い合わせ先:050-2017-2100
公式HP:http://www.sozo.ac.jp/index.php

特集カテゴリの最新記事