8/11ページ

8/11ページ
  • 2016.12.15

国公立大志願者が注目!成蹊大学のセンター試験利用入試

受験を有利に進めるには戦略的な受験プランの組み立てが重要だ。特に国公立大を第一志望とする受験生はセンター試験に向けて多くの科目を勉強していることから、多くの試験科目を利用できる入試方式を選ぶことで入試を有利に進めることが出来るだろう。 国公立大志望の受験生に配慮したセンター試験利用入試を行う成蹊大学に注目した。

  • 2016.12.09

【APU】自分で開拓するキャリア~働く場所は海外、軽々と国境を越える若者たち~

若者の海外離れや内向き志向を背景に、就職活動も一般的には国内大手・安定志向が強い中、立命館アジア太平洋大学(APU)の卒業生達にとって、働く場所に国内・海外の垣根は存在しないようだ。3人の卒業生の話から、国内にとどまることなく、世界に活躍の場を求める若者の姿を追ってみた。

  • 2016.12.08

【金沢工業大学】理工系大学の留学プログラムに迫る!多国籍チームで身に付く対話力と課題解決力

一般的に留学は、言語習得や文化交流を目的とするものが多くを占めます。金沢工業大学が行うラーニングエクスプレスは、海外の学生と現地の課題解決を行う特徴的な短期留学プログラムとして注目されています。昨年9月にはインドネシアのジョグジャカルタ市で2週間のプログラムが行われました。日本からの学生は、インドネシアやシンガポールの学生と、どのように協働したのでしょうか。金沢工業大学大学院工学研究科バイオ・化学専攻1年の東城暁香さんに体験談を聞きました。

  • 2016.11.21

【多摩美術大学/深澤直人氏】「デザインの力」でプロジェクトを構築する

数多くのアーティストや著名なデザイナーを輩出してきたことでも知られる多摩美術大学では、統合的にデザインを学ぶ学科を2014年に新設、注目を集めている。 それは〝時代の必然が生んだ〟と語るのは、プロダクトデザイナーで同学教授の深澤直人氏。 また2017年度入試からは、従来の美大受験とは違った試みとなる推薦入試を実施する。求める人材とは?その狙いとは?同氏のデザイン観も交えてお話をうかがった。

  • 2016.10.31

【東洋大学・加藤健二氏に聞く!】待ったなしの高大接続改革に新たな入試方式で答えを出す

高大接続改革により、センター試験に代わる大学入学希望者学力評価テストを軸とした、学力の3要素を、多面的・総合的に評価する選抜が始まる。学力評価テストの英語は、「聞く」「話す」「読む」「書く」の4技能が問われる。そうした中、東洋大学は、高大接続改革の理念に即した新入試を導入する。一体どのようなものなのか。来春開設予定の新設学部・学科の状況と共に、入試部長の加藤建二氏に聞いた。

1 8 11