大学一覧

【変わる高等教育】社会とのニーズの乖離を埋める世界的動き

アクティブ・ラーニングなどの実学教育が注目を集めているのは海外でも同じだ。国際的な技術者教育の枠組みであるCDIO イニシアチブについて、国内で唯一の加盟大学であり、実践的な技術者教育が企業から高い評価を受ける金沢工業大学の取り組みを事例として紹介する。

【2017年の新設大学・学部・学科】実学重視の傾向が鮮明となった

日本社会が抱える諸問題についてキーワードを挙げるとすれば、医療・看護やグローバル化、情報化などの言葉が思い浮かぶのではないか。新しくできる大学や学部には、そうした流れを踏まえたものが多い。新設や改組の動きを見ることで、これからの社会がどこに向かっていくのかが分かるのかもしれない。

【新増設特集】言語の壁を超えた異文化コミュニケーション。実践的英語力を備えた人材を育む

教員養成で知られる文教大学文学部に、来春、新しく外国語学科が開設します。グローバル化により異文化への共感力が必要とされる中で、どのような教育を行っていくのでしょうか。 学科長に就任予定のリチャード A.ローガン教授にお話を伺いました。

【岐阜聖徳学園大学】「学生を教員にする」大学の秘策とは?

団塊世代との世代交代もひと段落し、教員採用における競争率は再び高水準にある。教員就職を目指す学生にとっては、その狭き門を見据えた対策が求められている。 そして、そんな学生のキャリアサポートに対する大学の取り組みそのものが、「教員就職率」とともに大学選びの基準となる時代が到来している。

国公立大志願者が注目!成蹊大学のセンター試験利用入試

受験を有利に進めるには戦略的な受験プランの組み立てが重要だ。特に国公立大を第一志望とする受験生はセンター試験に向けて多くの科目を勉強していることから、多くの試験科目を利用できる入試方式を選ぶことで入試を有利に進めることが出来るだろう。 国公立大志望の受験生に配慮したセンター試験利用入試を行う成蹊大学に注目した。

【京都橘大学】「段階別学習」×「全員1年間留学」で 丁寧にグローバル人材を育成

語学力を身につけただけでは、グローバル社会で活躍することはできない。そこで京都橘大学は、数々の先進的な取り組みをちりばめた、国際英語学部国際英語学科を新設し、英語力と専門性を併せ持った、真のグローバル人材の養成に乗り出す。国際英語学部の可能性について、学部長に就任予定のアンガス・ノーマン・ジェームス教授に聞いた。