2017年11月一覧

【本郷中高】独自の検定試験の取り組みで一人ひとりの意欲を引き出し、自ら学ぶ生徒を育てる

東京・巣鴨にある本郷中高は、創立95年目を迎えた男子校だ 。「文武両道」「自学自習」「生活習慣の確立」を教育の柱に 、これまで有為な人材を数多く送り出してきた 。近年は 、大学進学実績が飛躍的に伸びる一方で、部活動など 、課外活動でも目覚ましい活躍を見せている。教育の特色について進路指導部長の山梨英克教諭に話を聞いた。

【連載】いい学校ってなんだろう〜二松學舎大学附属柏中学高等学校編

二松學舎大学附属柏中学校・高等学校は 2012年に中学校を開校し、1期生が今年卒業した。大学合格実績は東大2名(文I・理 I )現役合格をはじめ、他の国公立大学にも複数合格。難関15私大合計が10年前に比べ5名→72名(大学通信調べ)と躍進している。早くも中学1期生から成果 を出すことのできた理由について 、進路部長の青木英明教諭、1期生の中学学年主任だった森寿直教諭、1期生の高校担任だった加古幹夫教諭に話を伺った。

【国際基督教大学に聞く!】そもそも「リベラルアーツ」とは何なのか

リベラルアーツに対する誤解も多く、代表的なのは“深い専門性が身につかないのでは” というもの。そこで、日本初のリベラルアーツ・カレッジとして教育・研究を実践してきた国際基督教大学(ICU)のアドミッションズ・センター長、森島泰則教授に、歴史を紐解きながら、現在そして将来の日本にとって不可欠なリベラルアーツについてお話をうかがった。